暗記力 食品添加物

暗記に悪影響がある食べ物

勉強方法は間違っていないのに勉強が進まない、また必要なことを暗記できないためにテストや仕事で結果が残せないと言った悩みは、悩んでいる本人にとっては非常に深刻なことです。

勉強や暗記の効率が悪いと、時間と労力だけをムダに消費することになりますし、精神的に大きなストレスにもなります。勉強の方法や暗記の方法は正しいのに、効率がアップしないと言う場合には、食事が原因かもしれません。

食生活が脳に与える影響は、考えられているよりも大きなものです。特に食品添加物は脳の働きを阻害しますから、摂取には注意が必要です。食費添加物が含まれているのは主にお菓子や総菜類ですから、普段からコンビニのお弁当などで食事を済ませることが多いと言う人は、食品添加物の摂取量に気をつけた方がいいでしょう。

食品添加物には、記憶力や集中力を低下させる作用があると言われています。これは、食品添加物そのものが脳に作用することも大きいですが、記憶力を向上させると言われるDHAなどの栄養素の吸収を妨げることも原因として挙げられます。

他にも、鉛が脳に与える影響も見過ごせません。特に小さな子供の場合、鉛が体内に溜まることで記憶力や暗記力の低下を招くことが分かっています。この鉛の解毒にはビタミンCが有効だと言われていますから、野菜や果物などから新鮮なビタミンCを摂取することが、暗記力低下の防止に繋がるでしょう。

食品添加物を多く含む食生活は、脳だけでなく健康にも影響を与えます。便利な食生活には欠かせない食品添加物ですが、できればなるべく摂取を控え、健康的な食事を摂るように心がけましょう。

東大にも難関国家試験にも合格者多数の記憶術