記憶力 食事

記憶力は食事で向上

暗記力や記憶力を高めるのに最も必要なのは、脳に栄養を送り届けることです。どんなに効率的な暗記方法を実践したとしても、脳が活性化していなければ効果を得ることはできません。

暗記は非常に頭を使う作業ですから、脳に十分なエネルギーがなければ多くの情報を記憶することはできないでしょう。

そこで、脳のエネルギー源となる炭水化物をしっかりと摂ることが重要になるわけです。最近では朝食を抜く人が多く、朝はコーヒーだけと言う人も少なくありませんが、このような食生活では脳を活性化させることはできません。朝食をしっかりと摂ることで、午前中から頭が冴え、暗記力や記憶力の向上にも繋がります。

また記憶力をアップさせる食品と言うのもあります。数年前に話題になったDHAやEPAは、イワシやサバなどに含まれる成分ですが、これらの栄養素は記憶力の向上に有効だと言われています。

暗記力を高め、記憶力を良くする方法のうちの1つが、これらの栄養素を積極的に摂る方法です。世の中には、暗記力アップを謳った様々な方法がありますが、魚を食べることで暗記力の向上を図るこの方法は、最もシンプルで取り入れやすい方法と言えそうです。

さらに、DHAやEPAには血をサラサラにする効果があるため、動脈硬化を防ぐ効果も期待できます。動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞など重篤な病気の原因にもなる症状ですから、健康な生活を継続していくためにも、普段からこれらの栄養素を積極的に摂ることを心がけたいものです。

食生活+αでこの記憶術で鬼に金棒の暗記力を