社会 暗記

覚えることが多い社会科はこうやって暗記する

暗記と言えば社会科と言うくらい、社会の勉強には暗記が付き物です。地理であれば地名や地図、また歴史であれば人名や年号など、社会科には暗記しなければならないことがたくさんあります。

しかし、これらの数字や記号をただ覚えるだけでは記憶は定着しないため、瞬間的な暗記にしかなりません。

社会科の暗記については、記号をその他のことと関連づける方法を取ることで、よりしっかりとした記憶として頭に残すことができるようになります。たとえば歴史について覚える時は、人名や年号をただの文字や数字として暗記するのではなく、その時代の歴史の流れを把握した上で、その人物にまつわる出来事や周囲の人物も含めて暗記する方法を用いると、よりスムーズに頭の中に入ってくるようになります。

またこうして暗記したことは、一瞬忘れてしまうことがあっても、関連づけて覚えた他の人物や事柄がキーワードとなって再び蘇ることも多いため、試験などでは問題文の中にヒントを見つけることができる場合もあります。

また地理の暗記に関しては、都道府県をただ覚えるのではなく、その土地の特産品や地形なども合わせて暗記することで、より鮮明な記憶として脳の中に定着させることができます。さらに暗記が苦手な人の場合は、楽しめる方法を選ぶことで効率的に暗記することができます。

たとえば地理であれば地図パズルを使った方法がお勧めですし、歴史の年号であれば語呂合わせでリズミカルに数字を覚えると記憶が定着しやすいと言われています。好きこそものの上手なれと言いますが、苦手なものに対しては、あえてそれを好きになるように努力すると、より効率良く暗記することができるようになります。

暗記科目の代表格・社会科の点を伸ばすなら