歴史 年号 暗記

歴史の年号を暗記するコツ

歴史と言う教科は、読み物としては面白く読み進めることができますが、重要な年号や人名などを暗記しなければならないとなると、非常に難しい教科だと言えます。

特に年号については、いくつもの数字の羅列を頭に入れるのはとても困難で、歴史が苦手な人などにとってはつらい作業だと言えるのではないでしょうか。このような数字の羅列を暗記するのにピッタリなのが、語呂合わせです。

歴史の語呂合わせでは「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」などが有名ですが、学生時代に暗記したこの語呂合わせを、大人になってからもずっと覚えていると言う人は多いでしょう。

語呂合わせの最大のメリットは、記憶の定着率と暗記のしやすさにあります。上記に挙げた語呂合わせの場合、年号だけでなく、その年に何が起きたかまで一緒に暗記できるように作られており、暗記方法としては非常に効率的なものだと言えます。

年号を暗記する方法としては、年表を丸ごと頭に入れるように暗記したり、ひたすら年号を書き写すなどの方法を実践する人もいますが、これらの方法は語呂合わせのように何年も覚えておけるものではありません。

また数字の羅列をそのまま暗記した場合、数字の並びを間違えやすいと言うデメリットもあります。その点、語呂合わせなら数字の並びを間違えて思い出す可能性はほとんどありません。

ただし、語呂合わせは全ての年号に使えるわけではありませんから、語呂合わせだけで必要な情報全てを暗記することは難しいでしょう。暗記作業のサポートとして上手に利用することが、語呂合わせを生かすポイントです。

苦手な歴史の暗記を得点源に変えるならこちら