テスト 暗記

覚えにくいことを語呂合わせで暗記する

勉強中の男の子

暗記と言えば、語呂合わせを連想する人も多いのではないでしょうか。語呂合わせは、暗記が苦手な人にとっては救世主とも呼べる暗記方法の1つです。

様々なリズムや音の響きと合わせて年号や符号を暗記するこの方法は、長く学生たちの間で親しまれてきた暗記の王道とも呼べる手法でしょう。

語呂合わせは勉強以外でも様々な場面で使われており、たとえばお店の電話番号を覚えてもらいやすいように語呂合わせにして紹介しているところもあります。

また勉強でも歴史のイメージが強い語呂合わせですが、歴史だけでなく化学の記号などを暗記するのにも語呂合わせが使われています。

最近では、インターネットの普及に伴って、語呂合わせを集めたサイトなども多く登場しています。さらには語呂合わせ用の教材やフリーソフトなどもあり、語呂合わせを楽しみながら暗記する方法が広く浸透しつつあるようです。

語呂合わせの面白さにはまると、語呂合わせの作業そのものに没頭してしまうこともありますが、これには注意が必要です。と言うのも、音やリズムがピッタリなものに関しては語呂合わせが暗記のための強力な武器となりますが、無理に音をあてはめたようなものだと、かえって暗記の妨げになるリスクもあります。

語呂合わせは、あくまでも暗記をスムーズにするための方法ですから、趣旨を見失わないことが大切です。またいくら年号だけを覚えられても、それが何の年号なのかを合わせて覚えられなければ意味がありません。語呂合わせを考える場合は、関連した事象についても一緒に覚えられるように工夫しましょう。

語呂合わせは時代遅れかも。ゲーム感覚で身につく記憶術とは?