教科別 暗記

教科別に変えてみる

暗記と一口に言っても、その方法も内容も様々です。暗記をする際にはいつも同じ方法で行うと言う人は少なくありませんが、暗記する事柄によって適した暗記方法は異なります。

どの教科でも同じ方法で暗記するよりも、教科ごとに暗記方法を選択することで、より効率的に暗記作業を進めることができます。

たとえば歴史の勉強に欠かせない年号の暗記などは、語呂合わせをすることで暗記効率を大幅にアップすることができます。関連性のない数字の羅列を淡々と覚えていくのは非常に難しいことですが、語呂合わせをすることで年号と事柄、人名を関連付けて覚えることができるため、スムーズに頭に入りやすく、また忘れにくくなります。

また英語に関する暗記作業では、CDを使った暗記方法がお勧めです。英語の場合、発音やイントネーションが重要なカギとなりますが、CDを使うことでこれを頭に入れやすくなります。

CDを聞くだけでも効果的ですが、口に出して実際に発音することで、より情報が深く脳に刻み込まれるようになります。

英語の場合、暗記した英単語の数が成績を左右すると言われるほど、英単語の暗記が重要なポイントとなりますが、英単語の暗記には暗記サポート用のソフトを使うのが有効です。

英語に限った事ではありませんが、単語を覚える場合には個々に覚えるよりも複数の単語をまとめて覚える方が効率アップに繋がります。また復習を繰り返すことで記憶の定着率が上がりますから、手軽に復習作業が行える暗記用ソフトは、強い味方と言えるのではないでしょうか。

学校の成績をグンを伸ばせる記憶術はこちら