暗記 夜

暗記するなら夜寝る前がおすすめ

夜に勉強している女の子

暗記の方法は、個々によって向いている方法とそうでない方法がありますが、効率の良い暗記方法はやはり多くの人にとって有効であるようです。ここでは有効だと言われる暗記方法をいくつかご紹介します。

暗記方法には様々な種類がありますが、どの方法を実践する場合でも、夜に行うのがお勧めです。夜に暗記した記憶は定着率が高く、記憶として残りやすいと言われています。そのため暗記をするのなら、日中よりも夜がお勧めだと言えるでしょう。

また試験前などに一夜漬けと称して睡眠を取らずに暗記作業をする人がいますが、これは非常に効率の悪い方法です。暗記した記憶は睡眠中に整理され脳に定着されると言われていますから、睡眠を取らずに暗記作業だけを続けていても、労力だけを費やすことになってしまいます。

同様に、暗記は短期集中で行うべきものではなく、日数をかけて長期的に記憶を増やしていくのが正しいやり方です。このことからも、毎晩少しずつ暗記作業を進めることが、非常に有効な暗記方法だと言うことが分かります。

また記憶の定着率を高めるためには、暗記作業を繰り返すことも有効です。忘れかけた単語や言葉も、復習することで再び記憶することができますし、そうして暗記した事柄は忘れにくいと言われています。

さらに語呂合わせなどに見られるように、既存の知識と組み合わせて覚えるのも効果的な方法です。既存の知識と組み合わせることで覚えやすく、また記憶としても定着しやすいので、暗記が苦手な人はまずこの方法を試してみるといいかもしれません。

暗記が苦手な人の共通点?覚えられないのにはワケがある!