暗記 集中力

集中力はせいぜい1時間30分くらいしかもたない

勉強の効率化を図るには、集中力を高めることが必要不可欠です。よく睡眠時間を削って勉強時間を確保すると言う話を耳にしますが、実はこれは非常に非効率的な勉強方法だと言えます。

いくら長い勉強時間を確保しても集中力が伴わなければ意味がありませんし、睡眠時間を削ることは集中力の低下に繋がるため、労力の割には効果が少ない方法だと言わざるを得ません。

集中力を高める方法を知ることは、勉強効率を上げ、さらには暗記力をアップさせることにも役立ちます。学力を上げるためのファーストステップとして、まずは集中力を高める有効な方法について知識を得ましょう。

人間の集中力は、長くても1時間半程度しか持ちません。これは脳科学的に証明されていることで、多少の個人差はあっても大きな差はないと言われています。つまり、これ以上の時間をダラダラと勉強に充てていても、効率は下がる一方だと言えます。

このことから、勉強中でも1時間から1時間半の間に1度休憩を取ることが効率を上げる方法だと言うことが分かります。また覚えたことを脳に定着させるには、睡眠時間を6時間以上取る必要があります。

試験までに時間がないからと睡眠時間を削るのは、暗記や勉強の効率化に対して逆効果ですから、睡眠時間はしっかりと確保しましょう。

さらに食生活に気をつけることでも、集中力を上げることができます。カフェインや低GIの糖分、またビタミンやミネラルには集中力を高める効果があると言われています。上記に挙げたような勉強方法と合わせて取り入れることで、より集中力を高め、暗記力を上げることに繋がるでしょう。

私が暗記力のスキルを駆使してTOEICで900点をとった方法