暗記 アウトプット

やっぱり暗記はアウトプット

勉強している男の子

暗記作業は、覚えたところまでで終わりではありません。暗記した事柄を実際に活用できて初めて暗記が完了したと言えるわけですが、この完了まで到達できないと言う人は少なくありません。

必死で暗記した内容が、テストの時にはすっかりと抜け落ちて出て来なかったり、覚えたはずの単語が喉元まで出かかって結局思い出せないと言う場合、暗記作業をきちんと完了できていなかったことになります。

これは、インプットした情報を的確にアウトプットできなかったことが原因ですが、アウトプットができなければインプットした情報もムダになってしまいます。このようなことが起こらないためには、インプットだけでなくアウトプットも暗記作業の1つとして行っておく方法がお勧めです。

語呂合わせや発声による暗記作業で、ある程度の情報が頭に入ったら、練習問題を解くと言う形でアウトプットしてみましょう。試験までの日数が少ない場合など、練習問題を解いている暇があったら新しい単語を覚えたいと思うかもしれませんが、このアウトプット作業を行うかどうかで、試験の出来が左右されると言っても過言ではありません。

練習問題を解くことで、おぼろげだった記憶もしっかりと脳に刻み込まれ、忘れにくくなります。

この方法は試験だけでなく、仕事や他のことにも応用できます。たとえば人の名前をなかなか覚えられないと言う人は、1度覚えた名前を何度も繰り返しアウトプットすることで、忘れにくくすることができます。この方法は、繰り返す回数が多いほど効果的ですから、記憶に不安がある時こそアウトプット作業を繰り返すようにしましょう。

アウトプットの質を大幅に伸ばす記憶法