暗記 関連付け

似たもの同士を結びけて覚えると思い出しやすい

暗記力を上げる方法としてお勧めなのが、既存の知識と新しい知識を結び付けて覚える方法です。新しく暗記したい事柄があった場合、その事柄に関連する既存の知識を絡めて暗記することで、暗記の効率が上がり、また記憶としての定着率もアップすることが分かっています。

記憶力に関しては、個人によって程度に差があると思われがちですが、実際には個々の記憶能力にはあまり差がないと言われています。暗記が得意な人や記憶力が良いと言われる人の多くは、無意識または意識的に、複数の知識を関連付けて暗記する方法を用いていると考えられています。

知識の関連付けは、慣れてしまえばとても簡単で、同じ意味合いを持つものや逆の意味を持つもの、また因果関係を持つ事柄など様々なことから関連付けることができます。

複数の事柄を関連付けて暗記する方法のメリットとしては、記憶の定着率が良いことの他に、うっかり忘れてしまった場合も記憶を掘り起こしやすいことが挙げられます。

たとえば関連したAとBと言う事柄を合わせて覚えていた場合、どちらか1つを思い出せれば、もう1つの情報も一緒に思い出せる可能性が高くなります。また関連付けを行うことによってその事柄に対する理解が深まることも、この方法を用いた場合のメリットと言えるでしょう。

人が何かを暗記する場合、その事柄に対する理解が深ければ深いほど、スムーズに頭に入っていきます。また理解の深さは記憶の定着率にも比例しますから、暗記作業を行う際は、できるだけ理解を深めてから覚えるようにすると効果的です。

世界中で120万人が実践した記憶術はこれ