暗記 環境

効率良く暗記するために知っておきたい脳の仕組み

法律など専門用語が多い分野を勉強する場合、多くの言葉を暗記する必要があります。日常生活では使わないような耳慣れない言葉を暗記する場合、その方法を間違えるとなかなか頭に入って来ず、いつまでたっても暗記できないと言うことにもなりかねません。

専門職の資格を取るための受験勉強などでは、膨大な量の知識を頭に詰め込まなければなりませんが、そもそも人間の脳は忘れやすいようにできていると言います。

記憶するよりも忘れる方が簡単である以上、1度にたくさんの情報を暗記しようとするのは無理があると言わざるを得ません。効率良く暗記するには、厳選された情報をシンプルな状態で頭に入れる方法が適しています。

たとえば勉強用の参考書を選ぶ際には、大量の情報が詰まったものよりも、少ない情報を簡素に表現している参考書の方がお勧めです。これは、1度暗記した記憶を何度も繰り返し読むことで、覚えた言葉が脳に定着しやすくなるためです。

また同じ事柄について違う言葉で説明された場合、脳はそれを新たな情報として認識するため、きちんと記憶してくれなくなるそうです。以上のことからも、情報量は多ければいいと言うわけではなく、重要な事柄だけをなるべくシンプルに脳に伝えることが、効率の良い暗記方法と言えるでしょう。

さらに勉強する環境を整えることで、より効率化を図ることができます。たとえば時間帯で言えば、脳を覚醒させやすい早朝が効率の良い勉強時間と言えるそうです。また勉強する場所は、静か過ぎる場所よりも適度な雑音がある場所の方が、集中力をアップさせてくれることが分かっています。

短時間で驚くほどの暗記力アップを実現できた方法