暗記 アイデア

暗記のアイデア

暗記に適した勉強方法と環境
脳は同じ内容でも違う言葉で説明されると新しい情報だと理解する?少しうるさい環境の方が集中できる?効率良く暗記をするために知っておきたいポイントを解説した記事です。
暗記しやすいのは夜の時間帯
1日の中でも暗記系の勉強をするなら夜がおすすめ。脳は睡眠の間に記憶が定着するようになっているから、寝る前の時間帯にコツコツ暗記をするとよいでしょう。
エビングハウスの忘却曲線
エビングハウスの忘却曲線によると今日覚えたことの75%は1週間後には忘れています。だからこそ短期間で繰り返しすことが結局は効率的な暗記法だということを示唆しています。
暗記とメンタルの関係
脳は思っているよりも繊細。楽しい気分や前向きな気分のときの方が暗記がはかどりやすく、逆にストレス過多のときには暗記しにくいことがわかっています。
覚えたいことを関連付けて暗記する
たくさんのことを暗記しなければいけないときには覚えたいことを同じパターンでくくったり関連付けたりすると記憶に定着しやすくなり思い出しやすくなります。
暗記と睡眠の関係
睡眠時間を惜しんで勉強した方が多くのことを覚えられるような気がしますが科学的にも間違い。脳は寝ている時間に記憶を整理して定着させるのです。
記憶のプロセスを知って効率良く暗記しよう
がむしゃらに暗記を頑張るのも必要ですが「そもそもどうやって脳は暗記をするのか?」のプロセスを知っていますか?記憶のプロセスを知ることが効率の良い暗記のヒントになるかもしれません。
暗記のために集中力を高めよう
脳科学的には人の集中力は1時間30分程度しかもたないとわかっています。そして効率良く暗記をするには集中力を維持することが欠かせません。集中力を高めて暗記力もアップさせましょう。
ストレス過多で暗記力が低下する?
ストレスがたまり過ぎるとドーパミンが分泌されにくくなり結果的に暗記がしにくくなります。上手にストレスをコントロールすることは記憶力を高めるためにも有効です。
覚えたいことを「イメージ」として暗記する
単語や用語など文字の情報として暗記しようとするよりも、何らかの「イメージ」とあわせた方がずっと楽に暗記できます。これは海馬や扁桃体といった脳の機能とも関係があります
五感を駆使して暗記する
暗記は組み合わせがて吉。見て覚える、声に出して覚える、書いて覚える、音読して覚えるなど五感を使うと覚えやすく忘れ難くなります。
暗記に役立つフリーソフト
パソコンで無料で使える暗記に役立つフリーソフトをご紹介します。上手に使えば暗記の効率も格段にアップするかもしれません。
暗記はやっぱりアウトプットの量と質で決まる
暗記はどれだけインプットしたかよりもどれだけアウトプットできたか?その量と質で決まります。特に資格試験などにはシンプルなアウトプットの繰り返しが非常に効きます。