暗記 方法

暗記力は強い武器になる

資格の認定証

しも何か一つだけ神様から新しいスキルを与えられるとしたら「なんでも暗記できる能力」をもらうべきだ…。そのくらい暗記力が人生に与える影響は絶大です。

高校や大学の受験、資格試験、語学力、仕事…。人生のターニングポイントといえる場面では暗記力があれば圧倒的に有利になることが多いのが現実です。世間的にいう頭がいい人=暗記力がある人といってもいいかもしれません。

最近では知識の詰め込みばかりではいけないという考え方もありますが、新しいことを考え出すのにも一定の知識が頭の中にある必要があります。

難関といわれる多くの資格も与えられた範囲を暗記できれば取得できるものばかりですし、必要に迫られて勉強する人が増えている英語にしてもビジネスで通用する英語力になるには単語や文法を一定量覚えないといけません。ビジネスでも顧客や商品に関する情報などをたくさん覚えておけばプラスになります。

このように「覚えたいことを暗記できる力」があれば、あなたの人生は今までとは全く違ったものになるでしょう。

暗記の方法を学ぶこと

試験を受けている男性

記は技術です。正しいやり方で一定の練習をすれば誰でもある程度まで身につけられるものです。そもそも大半の人は「暗記の方法」についての教育を受けていません。それなのに自分は記憶力がよくないと決めつけてしまうのは非常にもったいないです。

ピアノに触れたこともない人が突然モーツァルトの曲を弾けるわけがありませんし、サッカーボールを蹴ったことがない人が突然試合で活躍できるはずがありません。どちらも相応の練習が必要ですが暗記も同じです。

ところが多くの人は

自分は物覚えが悪いから…
学生時代から暗記が苦手だったから
もう年齢的にも無理があるから…

とあきらめてしまいます。暗記力は元々の頭の良さや才能だけで決まるわけではありません。正しい暗記の方法を理解し実践すれば何歳になっても暗記力を高められるのです。

お子さまの受験生だったり、何かの試験や語学の勉強で覚えることが多過ぎて大変だと感じていたり、たくさんの業務上の知識が必要な状況にあるなら一度は「暗記の方法」を学んでみるといいでしょう。

今まで何時間もかけてやっと頭に詰め込んでいたことを、たったの5分で暗記してしまうことも不可能ではありません。暗記力は一度身につけるといろいろな場面で活用できる一生使えるスキルなのです。

受験・資格合格や英語の習得に。一生使える暗記力を身につける方法はこちら